一度きりならレンタル衣装がお得?ショップのサービス内容

「貸衣装」と「レンタル衣装」の違いを詳しく紹介します

レンタル衣装はどんなもの?利用方法は

冠婚葬祭や晴れの日に合わせた衣装がメイン

貸衣装は基本的には冠婚葬祭、ドレス、七五三、振袖がメインです。
普段着る機会のない服や着物、特別な日のために貸し出す衣装がほとんどです。
地元にある貸衣装店や、デパートにテナントで入っている貸衣装店では店舗でのメイクと着付けまでセットになっています。
貸衣装の歴史は古く、諸説によると100年近い歴史があるそうです。

文明開化で洋服が主流となり、着物も価値があれば高い値で買取って貰える時代でした。
呉服屋が買い取りが増え在庫を貸し出すようになったことが由来である説があります
最近は時代の流れで、貸衣装もきめ細かいサービスで他社との激しい競争があります。
振袖なら、早期早割りでメイクも写真も前撮りもお得にできたり、大事な娘のために「ママ振袖」相談会を実施しているお店もあります。

貸衣裳といっても各店サービスはさまざま

最近では結婚式の衣装とエステをセットにして、結婚式当日の出張サービス込のビデオ撮影までお任せできるプランなどもあります。
貸衣裳といっても「衣装レンタル」として宅配サービスも行っている業者も数多く存在します。
豊富なデザイン、ネットでお値段と相談しながら事前に依頼しておくと、ゆとりを持って借りることができます。
ほとんどのお店がクリーニング不要で返却可能です。

デメリットは、着物を借りた時、着付けは自分で行うか着付けができる人にお願いする必要があります。
貸衣裳にも特徴があり、お宮参りから留袖まで相談しながらプロデュースしてもらえるサービス付きで、子ども衣装専用店でもママにも着れる訪問着などを提案しています。
ネットで日本全国の様々なお店をみて、自分に合ったサービスと豊富なデザインの中から特別な日の貸衣装をスムーズに借りることができますね。
気になる送料は無料のところが多いようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る